年回法要など

年回法要

年回法要

  年回法要とは、故人の命日で、定められた年に営まれる仏事の事をいいます。有縁の方々が、仏法にふれる大事な機縁としておつとめします。

祥月命日、月命日(月忌参り)など

  淨覚寺では、祥月命日(毎年お迎えする故人の命日)、月命日(祥月に関わらない、月毎の命日)の月忌参り、中陰(命日の後、四十九日までの七日毎)のお参りをお受けしております。
  また、その他仏事、法要についてのご相談についても、ご遠慮なくご連絡下さい。

慶びの行事

仏前結婚式

  人生の門出を飾る結婚式。仏教徒として、その感激を忘れることなく、報恩感謝の生活を築く第一歩として、「仏前結婚式」をお勧めします。
  厳粛な雰囲気の中、仏前において「誓いの言葉」・「念珠授与」などがおこなわれ、お二人の一生の思い出となることでしょう。お二人やご両家の希望を承りながら組み立ててまいります。また、多数のご友人のご参列などのご要望も承ります。

初参式

  浄土真宗の門信徒のご家庭に生まれた赤ちゃんが初めてお寺にお参りする「初参式」は、尊いご縁によって恵まれた新しいいのちを阿弥陀如来さまの御前にて、ご家族、また縁ある方々そろってお祝いし、感謝するお式です。
  また、人生においての慶事 ―誕生、初参、入学、卒業、成人、結婚などの各種奉告参拝もお申し込みいただけます。

初参式

葬儀

葬儀

  命を賜った者は、必ず死の縁を迎えなければなりません。また、どんなに愛し合った者同士でも必ず別れの縁が訪れます。
  葬儀とは、故人のいのちをご縁として、生かされているいのちの有難さにめざめ、人生の拠り所を阿弥陀仏の極楽浄土に見据えて歩ませていただく「法縁」に遇うための大切な儀礼です。
  淨覚寺では、浄土真宗本願寺派(西本願寺)の教義・作法に則り葬儀式を執り行います。斎場葬、寺院葬、自宅葬など様々な形式もございますので、まずはお寺までお問い合せ下さい。